読み散らかしたら片付ける。

Kindle Unlimitedの本棚

『生きるために必要だから、イケメンに会いに行った。 』竹内佐千子(ぶんか社)

竹内佐千子出世作は文句なしに『2DK』だと思うが、
わたしがとにかく好きなのがこのイケメンシリーズ。
イケメンシリーズといっていいのか、、
とにかくサチコと担当M田がイケメンを摂取するエッセイ(?)。
乱暴にも、この記事ではいきなり3作目の感想を書こうとしている。

f:id:ao_grgr:20190128092432j:plain

サチコが冒頭でこう描いてるし、まあええかなって。
だいたい1作目あたりはどこかで優秀なひとがレビューでもしてくれてるはず。

ということで、はい。

表紙のフェアリーふたりがかわゆい〜寸胴なのがGOOD👍
おぼろげな記憶だけど1、2作目は結構アクティブに職業イケメンに会いに行っていた気がする。

3作目ともなると

f:id:ao_grgr:20190128092749j:plain
趣旨のズレをかわいいトーンでごまかすな。

ということで本作ではサチコとM田がスポーツに勤しんだり、
バレエを嗜んでみたり、マンモグラフィを受けたり
「やってみた」系のエッセイ漫画としての味が強い。
「ほんわら」を読むたびに思うが、M田は体力がおかしいんじゃないか?
ちゃんと休み取れてるのか…?

しかしまあ優秀なM田とサチコなので、

f:id:ao_grgr:20190128093235j:plain

安心してください、卓球教室にイケメンコーチ、います!

f:id:ao_grgr:20190128093913j:plain

f:id:ao_grgr:20190128093925j:plain

職業イケメンも、たくさんいます!

f:id:ao_grgr:20190128094154j:plain

あとはだいたいふたりが踊るなどしています。
守りたい、この奇跡的な体型。

どっこい、もちろん本作でもふたりのガチっぷりは
余すところなく描かれているので従来のファン?読者も大納得するはず。

f:id:ao_grgr:20190128094739j:plain

わかる……
推しって眩しくて直視できないことがあるのよな……。
とかく、オタクは顔覆って尊みを感じがち。
ここに名前が挙がっているイケメンは佐藤健くらいしかちゃんと分からないが……。

f:id:ao_grgr:20190128094830j:plain

ちょっとこの辺になると、顔も名前もわからない子しかいないですけど。
ていうかイケメン、ぜんぜんわからないんですけれども。

ここまで書いておいて俺はまったく日本のイケメンを知らない。
だのにこのシリーズをずっと読んでいるというのは、

f:id:ao_grgr:20190128095233j:plain
この笑顔に会うためなんだ。

いないと思うけどこれを読んで気になったひとは前の2作も読んではいかがでしょう。

 

オタク女子はこちらも読むといいですよ。
ジャンルは違えどイケメンを追うふたりのオタクが百合(誇大広告)しています。